2012年08月27日

後天性眼瞼下垂に悩む(悩んでいた)女性を募集しています。

まぶたの病気、眼瞼下垂の患者と家族を支援しているおーばです。

今回は、タイトルの通りで、後天性の眼瞼下垂・当事者さんを募集いたします。
簡単に事情を説明いたしますと、
先日、某・在京テレビ局から 「眼瞼下垂の会」に問い合わせがありました。
今後制作する番組に協力してくれる当事者さんを紹介してほしいというご依頼です。

秋から始まるという その新番組(レギュラー番組)のテーマは
女性の抱える様々な悩みには思いがけない理由があった というもののようで、
今回の番組作りに関しては
「過度なアイメイクや、コンタクトレンズが原因で、眼瞼下垂になってしまった人」
具体的には20代〜30代の女性を、特に探していらっしゃいます。
これから治療を考えている人でも、治療(手術)が済んでいても 良いのですが、
テレビ番組で取り上げるということで番組に顔を出すことができる人 というのが
最大の条件になるでしょう。

ただし、お問い合わせをいただいても 即出演というわけではありません。
候補の方には まずは番組制作サイドに現在の写真を送っていただくことと
条件に合うようならば電話かメールで より細かい状況を確認していきます。
番組で取り上げられる可能性が高い場合には、番組担当者のかたとの面接を経て
それでやっと、実際の取材が行われるということです。

ちなみに、
「眼瞼下垂の会」は 現段階では、番組側からの利益供与はまったく受けておりません。
それなのになぜ、番組制作に協力しようと思ったのかといいますと
「眼瞼下垂」を たくさんの人に知っていただくひとつの機会だと思ったからです。

病名だけは、徐々に知られるようになってまいりましたが、
「美容整形」だと誤解されることを恐れて 治療をためらう人が多いことや
眼瞼下垂の症状があるのに、親からも治療を反対されるケースがまだあるのです。
番組でとりあげていただくことを通して この病気に対する正しい理解が深まってほしい
という、切実な願いがあってのことなのです。

今後は、「先天性眼瞼下垂の患者さん」のことも
また 取材していただけるように、制作の方への交渉をがんばってみようと思っています。

ブログをお読みのかた またはお知り合いの女性の「後天性眼瞼下垂」のかたで
番組作りに協力してくださるかたがいらっしゃいましたら、
まずはおーばに、お声をかけてくださいね。
ooba@gankenkasui.org

ブログをお読みいただき ありがとうございます。

「NPO法人眼瞼下垂の会」のホームページも合わせてご覧ください。NPO法人眼瞼下垂の会では会員を募集しています。
Facebookにてfacebookページ「眼瞼下垂の会」を開いています。
mixiページ「眼瞼下垂の会」をスタートしました。
(Facebook/mixiのアカウントを持っていなくても、リンク先のページを見ることが出来ます。)


posted by 大場 美津子 at 11:43 | Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]