blog.ogp_tag(article_for_ogp) %>
『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2017年12月18日

<参加者募集>2018年1月14日 仙台で眼瞼下垂のサロン開催

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援している
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと 大場美津子です。

あっと言う間に今年も残すところあとわずか。
でも2018年も、眼瞼下垂の会は交流会の開催を続けてまいります。

今回ご紹介するのは、
「みやぎ眼瞼下垂の会」が主催する 悠々サロンです。
http://miyagigankenkasui.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

日  時 : 平成30年1月14日(日) 10:30〜12:30
会  場 : エルパーク ・ 仙台 5階 子どもの部屋
仙台市青葉区一番町4丁目11番1号141ビル
(仙台三越定禅寺通り館) 5階

参加対象 : 眼瞼下垂の子を持つ親と子ども 
先輩ママや市外、県外からの参加も大歓迎!

代表のはしもとさんは宮城県在住で、
先天性眼瞼下垂のお子さんを持つお母さんです。
東北地方で 先天性眼瞼下垂のお子さん、ご家族に交流の場を提供する活動をしてくれています。

今回は日曜日の開催なので、わたくしも参加する予定です。

お申込みは はしもとさんに直接メールで お願いいたします。

そして、2018年3月には 恒例の東京交流会も予定しています!
(近日中に ブログにておしらせいたします)

「こんどはぜひウチの地方に!」というご要望も ぜひお寄せくださいませ。

「NPO法人眼瞼下垂の会」のホームページも合わせてご覧ください。
NPO法人眼瞼下垂の会では、会員を募集しています
Facebookにてfacebookページ「眼瞼下垂の会」を開いています。
mixiページ「眼瞼下垂の会」をスタートしました。
(Facebook/mixiのアカウントを持っていなくても、リンク先のページを見ることが出来ます。)
posted by 大場 美津子 at 09:47 | Comment(2) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

<実施報告>眼瞼下垂 ちかはく交流会

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援している
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと 大場美津子です。

12月3日日曜日、東京の葛西 ちかてつ博物館(ちかはく)を会場に
眼瞼下垂の会のおでかけ交流会を開催しました。

10時半〜は親子の会でした。
この日のために遠くから来てくださった親子さん、
海外からの里帰り期間で、念願の交流会に来たご家族、
お子さんがこれから手術をするにあたりいろいろ知りたい親子さん
が集まりました。

「ちかはく」は展示物も豊富で結構楽しめる施設です。
お子さんがパパさんやスタッフと遊ぶ間に
ママたちは、いろんな話をたっぷりとすることができました。

今回は17歳になった私の次男も参加してくれました。
伝令役をしてくれたり、ちょっとはお手伝いもしてくれました。
手術後のまぶたのようすをお見せできました。
かつての自分自身もそうだったように、
不安をもっている人にとっては、そこにいるだけでも安心材料になる。
嫌がらずに来てくれて 感謝、感謝。

15時からは、大人の部。
毎回、親子さんとくらべると参加者が少ないのですが
今回は、同年代の女性2人が参加してくださったのがうれしかったです。
都合により親子さんも1組加わって 
またまた いろいろな話をしました。

「正解」のないことも多かったのですが、
考え方・気持ちの持ち方から 実際的、技術的なことまで
じっくり、お話しできて 良かったです。

そして! 来年3月18日(日曜日)に
恒例の東京ウィメンズプラザでの交流会の開催も決定しました!
準備ができ次第、
参加者の募集も開始いたします。

眼瞼下垂に悩むひと 迷っているひとには
この交流会は最高の機会になることと思います。
よろしく ご検討ください。
posted by 大場 美津子 at 22:12 | Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

模型はグロいが役に立つ 2

さて、注文していた眼球の模型(というか、教材的なパズルになっています)が届きました。
5D80E3C0-E752-41C3-BB31-F479EAC65AC8.heic


うん、生々しい。

早速箱を開けてみます。
1AD2462B-B1FE-41E4-9D6F-6E0F09811C41.heic

もともと、眼球内部の構造を学ぶためのものなので、完成したらまるで見えないところもやけに精巧に再現されています。

D1B24883-E6BA-4027-AC88-39C68ADDEDDD.heic

1EA30BDC-EC8D-42DD-A51A-A266B6530635.heic

で、完成したのがこちら

DC19E2A9-09D2-49D8-A3AE-D91FF5FA7D76.heic

直径4センチくらいなので、実際の8倍くらいの大きさになるでしょうか。

5683DAD2-0801-4DC0-9AC8-5DE15EE8404F.heic

まぶたの模型を作るときは、これに眼瞼挙筋や腱板をプラスするといいのかな?

わかりやすいまぶたの模型を作るには
まだまだ勉強も必要。試行錯誤はこれからも続きます。







posted by 大場 美津子 at 08:50 | Comment(0) | このサイトの紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする