blog.ogp_tag(article_for_ogp) %>
『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2017年04月07日

【初の四国開催】2017年7月2日 眼瞼下垂 高松交流会でお会いしましょう

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援している
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと 大場美津子です。

2017年度がスタートいたしました。
眼瞼下垂の会は今年で7年目を迎えます。
今年度も、各地での交流会の開催をいたします。

第1弾は、7月2日 香川県高松市での開催が決定しました。
眼瞼下垂の会としては、初めての四国での交流会となります。

<開催概要>
日時:2017年7月2日 日曜日 10時30分〜14時30分
            (時間は前後する場合もあります)
会場:サンポートホール高松 和室
http://www.sunport-hall.jp/
参加費: NPO会員のかたは 無料で参加できます

お申込みは下記フォームへ
https://pro.form-mailer.jp/fms/6a115b86119081

新規で「眼瞼下垂の会」にご入会いただける方、大歓迎です。
7月入会の場合、入会金500円と来年3月までの年会費2000円 計2500円です。
また、会員外のかたも3500円で参加できます。
いずれも1家族何名でも追加の料金はかかりません。
お子様連れ、ご家族みなさまでお越しください。

サンポートホール高松 外観


外観を見るだけでドキドキしてしまうほどの とっても豪華な会場です。
四国各県からのアクセスを考えて、
さらには中国地方や関西地方の皆様にも足をのばしてもらえるように
高松駅からもほど近い会場にいたしました。
少しでも多くの方に来ていただきたいです。

もちろん このブログの眼瞼下垂に関する記事をお読みいただくことで
眼瞼下垂についての知識をお知らせすることはできるのですが、
私自身、実際に眼瞼下垂のお仲間に出会うまでは「孤軍奮闘」していました。
それが、同じような境遇にある仲間と会い話をすることによって
他のところで話せないこともバンバン話すことができて
元気が出たというか、勇気をもらえたというか
・・・とっても、うれしい一日になったのです。

ネットの情報だけでは伝えきれないことがたくさんあります。
ですので、これをお読みになった方で
高松かぁ。行けないこともないなあ…と思ったならば、
全国のみなさんに、ぜひとも参加してみてほしいのです。

今回は四国・高松の交流会のお知らせをいたしましたが
今年度も大阪をはじめとして各地での交流会を開催します。
日程、会場が決まり次第順次お知らせしてまいります。

うちの地域で!という声があれば 可能な限りお伺いします。
リクエストも絶賛受付中です!



「NPO法人眼瞼下垂の会」のホームページも合わせてご覧ください。
NPO法人眼瞼下垂の会では、会員を募集しています
Facebookにてfacebookページ「眼瞼下垂の会」を開いています。
mixiページ「眼瞼下垂の会」をスタートしました。
(Facebook/mixiのアカウントを持っていなくても、リンク先のページを見ることが出来ます。)
posted by 大場 美津子 at 19:57 | Comment(0) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

【参加者募集中】2017 眼瞼下垂 東京交流会

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援している
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと 大場美津子です。
今年も、どうぞよろしくお願い致します

新年最初の話題は、
毎年、春の恒例イベント「眼瞼下垂の会・東京交流会」です。
今年も、眼瞼下垂の会らしい楽しくってためになるイベントを
計画しております。

images.jpg

<開催概要>
日時:2017年3月19日(日)10時半〜15時
               (当事者には第2部のご用意もあります)
場所:東京ウィメンズプラザ 第1会議室・保育室
  http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/
対象:眼瞼下垂の当事者、とそのご家族
   眼瞼下垂の会の活動にご興味のあるかた。
会費:NPO会員は無料です。
   この交流会をきっかけに、ご入会していただける方も歓迎します。
   非会員として参加する場合は、1家族4000円でご参加いただけます。
   
   
<会場について>
「眼瞼下垂の会」がいつも利用している会場です(^^)
最寄駅、地下鉄「表参道」駅からは徒歩5分ほどです。
駐車場もございますが、有料ですので公共の交通機関をお勧めします。

今回の会場には「保育室」のご用意があります。
小さいお子さんのおむつ替えや授乳にお役立ていただけます。
「講演」のあいだの託児については、ボランティアスタッフもおりますが
パパさんやおばあちゃまなどお子様のお相手ができるかたがご一緒の場合は
ご家族でお子様をみていただければ幸いです。
(その他、個別の事情についてもできるだけ対応いたします)

眼瞼下垂の会の交流会は親子さんの参加が多い傾向にあり、
少数派になってしまう当事者さんは居心地の悪さを感じることも
あると聞きます。スタッフができるだけフォローして、
当事者の方にも楽しく過ごしていただけるようにいたします。
昨年に引き続き 今回も、
全体の交流会の後に成人当事者さんだけの交流の時間を設けます。

<当日のおもな流れ>
受付時に、参加者のリストをお渡しします。
(今回どんな人が参加するのかが、おおまかにわかるものです。)

午前は講演、その後はお昼ご飯の時間も含めて交流という構成です。

今年も代表の大場が、講師を務めさせていただきます。
『これだけは知っておきたい 先天性眼瞼下垂の話』と題して、
眼瞼下垂の仕組みや治療についてのお話をさせていただく予定です。
みなさんからの質問もお受けしながら
約1時間のお話をさせていただく予定です。

そのあとは昼食。午後は参加者のみなさんが相互に交流できる場所にします。
ここからは 席の近い人、家がご近所さん 
手術を経験している先輩ママ、当事者さんなど
気になる人と たくさんお話ししていただきたいと思います。
(初めての参加で話しかけにくい人には、
スタッフがフォローしますのでご安心ください)

15時にはお開きになりますが、希望する当事者さんは
そのあとの 第2部でも お楽しみいただけます。

不安そうだった初めての参加者も、お帰りのときには笑顔が出て、
また来たい!と言ってくださる。そんな眼瞼下垂の交流会に
ぜひ、参加してみませんか?
お申し込みは下記フォームから!
https://pro.form-mailer.jp/fms/5b75bd95114632

<ボランティアスタッフも合わせて募集します>
当日、交流会の運営をサポートしてくれるみなさんを募集します。
お仕事としては、会場設営、参加者の誘導、お子さんの保育などです。
(スタッフのみなさんには、交通費とお昼のお弁当が出ます)
スタッフ参加ご希望のかたは、眼瞼下垂の会にお問い合わせください

ちなみに…今年も京樽の仕出しのお弁当をご用意します。
「ボリューム満点弁当」シリーズの人気トップ3
 ・ちらし弁当
 ・唐揚げ弁当
 ・鮭弁当
からお選びいただけます。(580円)
お子様にはおむすび弁当2個入り(490円)がおススメです。

交流会のお申し込みに合わせてお弁当も注文すると、お出掛けの荷物も軽く
更にご参加しやすくなるのではと思っております。

<過去の交流会に参加したかたからは、こんな声が寄せらています>

「自分以外の眼瞼下垂の人にあったのは初めてで、うちだけじゃないんだと感じた」

「最初はとても緊張したけれど、ここでしかできない話がたくさんできたのは嬉しかった」

「通院している病院以外の状況を聴くことができたのは良かった」

「手術を控えていたので具体的な話が聞けて参考になった」

「手術を終えた今、今度は恩返しがしたいと思った」




<お申し込みはこちらから>
交流会への参加のお申し込みは
https://pro.form-mailer.jp/fms/5b75bd95114632

そして、今回は東京の交流会の情報でしたが 
今年も積極的に、各地での交流会を開催&サポートをしていきます。
昨年は大阪、秋田、広島での交流会ができました。
すでに今年も大阪交流会を計画中です。

ウチの地方でもぜひ交流会を!という声をいただければ
全国頑張って出張する意気込みですので ぜひ。
小さなことからコツコツと!
今年もがんばります! 応援とご協力をよろしくお願い致します。


「NPO法人眼瞼下垂の会」のホームページも合わせてご覧ください。
NPO法人眼瞼下垂の会では、会員を募集しています
Facebookにてfacebookページ「眼瞼下垂の会」を開いています。
mixiページ「眼瞼下垂の会」をスタートしました。
(Facebook/mixiのアカウントを持っていなくても、リンク先のページを見ることが出来ます。)
posted by 大場 美津子 at 15:00 | Comment(0) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

【参加者募集】眼瞼下垂 2016クリスマス交流会 in 東京

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援する
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと大場美津子です。

今日(11月7日)は立冬。すっかり寒くなりました。
今年は諸般の都合によりまして、ここ数年続けていた「先輩ママの交流会」の実施を見送ることになりました。(参加を楽しみにしていたキッズのみなさん、ごめんなさい)

その代わりというわけではありませんが、東京にて「クリスマス・ミニ交流会」をやります。

日時: 2016年 12月 25日(日曜日)10:00〜12:00
会場: 東京ウィメンズプラザ 保育室
会費: NPO会員は無料です。
   (新規ご入会も大歓迎です→入会金500円+来年3月までの会費750円)
    非会員の方の参加費は 2250円です



いつもの、東京ウィメンズプラザ 今回は保育室が会場です!
今回は12時までで、保育スタッフは配置しませんが
日曜日の開催ですので、パパや他のごきょうだいも一緒に来て遊べます。
お昼までの短い時間ではありますが クリスマスらしく、にぎやかで楽しくあたたかいひと時を参加の皆さんと過ごしたいと思っております。

特別のプログラムは用意しませんが
・眼瞼下垂についての基本的なことを知りたい
・これからの治療の場についての検討
・手術が終わりました!のご報告。
・こどもの成長に伴ういろんな心配事・・・


などなどを、参加するみなさんが気兼ねなくおしゃべりできる会にいたします。

2度目、3度目のかたはもちろん
初めて参加するかたも大歓迎です!


こんな年末の押し迫った時期に集まるのか?というツッコミも入りそうなのですが、
一通りのクリスマス会も終わった時期でしょうし
メインのクリスマスイブを終えて、
帰省するにはちょっと早い時期ですし
交流会参加を言い訳に半日だけ大掃除をお休みすれば
12月25日の午前中は、誰かと集まるにはちょうどいいんじゃないか?
などと ちょっとこじつけています(笑)

会場の広さに制限がありますので定員を10組(10家族)といたします。




「NPO法人眼瞼下垂の会」のホームページも合わせてご覧ください。
NPO法人眼瞼下垂の会では、会員を募集しています
Facebookにてfacebookページ「眼瞼下垂の会」を開いています。
mixiページ「眼瞼下垂の会」をスタートしました。
(Facebook/mixiのアカウントを持っていなくても、リンク先のページを見ることが出来ます。)
posted by 大場 美津子 at 15:11 | Comment(1) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

【参加者募集】眼瞼下垂 仙台での親子サロン開催

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援する
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと大場美津子です。

今回は、「みやぎ眼瞼下垂の会」が主催する 悠々サロンのご紹介です。
http://miyagigankenkasui.blog.fc2.com/

日時 2017年 11月27日(日曜日)10時〜12時
会場 エル・パーク仙台 5階 こどもの部屋
http://www.sendai-l.jp/center/shisetsu/lp_15.html
会費 500円

参加希望のかたはこちらにお申込みください。

みやぎ眼瞼下垂の会は 2年前の仙台交流会がきっかけでできました。
参加したはしもとさんのお子さん(先天性眼瞼下垂)は現在は高校生。
はしもとさんは元々仙台市内で子育て支援の活動をしていましたので
仙台で、これからも継続的に交流会を続けたい!との思いで
以降、年に数回のペースでサロンを開催しています。
今夏の、秋田の交流会にもご参加くださいました。

眼瞼下垂の会は もちろん仙台での活動を大応援しています
「わが子が眼瞼下垂と診断されたけれど、この先の治療のことで悩んでいる」ひとや
「身近には眼瞼下垂の仲間がいないので、気持ちを分かってもらえないような気がする」
といった人には 大変おすすめしたいイベントです。

そして、手術の時の様子は「これから」の人には とっても貴重なお話になります。
ですから 以前の交流会に参加したかたにも ぜひ来てほしいです。

みやぎ眼瞼下垂の会も これからも活動を続けていきますが
あなたのお住まいの地域にも、「○○眼瞼下垂の会」があったら参加したい
そんな声を、ぜひお寄せいただきたいです。
もちろん「NPO法人眼瞼下垂の会」が、交流のお手伝いをします!
posted by 大場 美津子 at 13:16 | Comment(2) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

【実施報告】2016 眼瞼下垂秋田交流会

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援する
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと大場美津子です。

少々アップが遅くなりましたが
9月18日の秋田交流会の報告をいたします。
会場は秋田県生涯学習センターの和室でした

E1CE9024-2BB5-4BE5-BD5B-A9EBE13C71DB.jpg

東北での交流会は2年ぶり2度目。
「眼瞼下垂の会」からは、わたくし、おーばと理事・フレイクの2名が参加しました。
みやぎ眼瞼下垂の会」のはしもとさんも駆けつけてくれました。
そして、秋田県内だけでなく、青森・山形からも参加して
総勢8組の当事者さんと家族があつまりました。

出席者が全員集合したところで
まずは 自己紹介タイム。この交流会に参加する思いを語っていただきました。
そして、代表大場の講演「これだけは知っておきたい、先天性眼瞼下垂の話」
・・・皆さんきっとすでにご承知の話題が多かったと思うのですが
真剣なまなざしで聞いてくださったこと うれしく思いました。
小さいお子さんには 退屈なお話しだったでしょうが
はしもとさんがお世話してくれてお子さんにも楽しいひとときになっていました。

8206973B-EF3B-47D8-A79C-A5A575C3D094.jpg

お昼ご飯を食べながら、それぞれの抱えている現状についても
ゆっくり聞くことができましたし、午後は参加者相互の情報交換もすすみました。

クロージングでは、本日の感想を一言ずつお話ししていただきましたが
「自分以外の当事者に会うことが今までなかった。」
「実際に会ってみて、なんだか安心した気がした」
「これまで病気に関してはつらい悲しい思いしかなかったが、この場で明るく笑いあえたのが不思議というか新鮮だった」
「治療について今まで相談できる人もいなかったが、皆さんの体験を聞いていろいろな考え方ができることを知った。まだまだどうしようか悩んでいる最中だが、焦らずにじっくり考えようと思う」
「いろいろな病院の情報を聞くことができたのは良かった」
などなど 今回の秋田交流会でもおおむね皆さんには良かったと思っていただけて
スタッフとしても うれしい限りでした。

824BFEE4-DB91-48F8-AC29-767AC5574248.jpg

今回の参加者がこんどは「軸」になって 
つながりを持ち続けてくれたならうれしいです。
「眼瞼下垂の会」は その活動をも、しっかりサポートしてゆくつもりです。

それにしても 
秋田市は空気がおいしくて、空も広々としていて
とっても良いところでございました。

CDA937B0-7FD8-42AC-890F-19A0F364D949.jpg

一か月後には、広島交流会
ここでも皆さんにお会いするのを楽しみにしております!

さらに!
夏から秋は地方交流会が続きましたが
12月の初旬には都内で「先輩ママ交流会」の予定も立ちました!
詳細が決定しましたら告知しますので、どうかお楽しみに!



posted by 大場 美津子 at 09:01 | Comment(0) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

【参加者募集】2016 眼瞼下垂の会 広島交流会

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援する
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと大場美津子です。

ことしは大阪・秋田と交流会の開催をしております。
そして広島の交流会が3年ぶり2度目の開催のはこびとなりました。

2016広島交流会チラシ.pdf

【主催】 NPO法人 眼瞼下垂の会
【日時】 2016年10月30日(日)10:30〜14:30
【場所】 広島市男女共同参画推進センター(ゆいぽーと)
   住所:〒730-0051 広島市中区大手町五丁目6番9号

images.jpg(会場外観)


【対象】 眼瞼下垂の当事者さん、ご家族のかた
  「眼瞼下垂」にご興味のあるかた
【会費】 NPO会員のかたは無料
     当日入会もできます(入会金500円+年会費1250円)
     非会員の場合、1家族2750円
【内容】 NPO代表のミニ講演会
     参加者どうしの 情報交換・交流


広島市内の方はもちろんのこと
中四国のみなさま、九州のみなさまにも
足を延ばしていただければ嬉しいです。

3年前の交流会では 大場は参加できず、会からはフレイクが参加しました。
前回参加したみなさんとはskypeでお話しするだけでしたが、
今回はフレイクだけではなく、大場も参加いたしますので
なにとぞ、よろしくお願いいたします。



お申し込みは
専用フォームからお願いいたします。
https://pro.form-mailer.jp/fms/3820358e106934


posted by 大場 美津子 at 10:53 | Comment(0) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

【実施報告】2016 眼瞼下垂の会 大阪交流会

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援する
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと大場美津子です。

かねてからお知らせしていた 大阪交流会は、先日無事終了いたしました

昨年はちょっと参加者が少なかったのですが
今年は、大阪だけでなく関西各県からそして岡山からも
総勢20組の親子さんが参加してくださいました。

今回も、半分は「今回が初めて!」というかたでした。
治療の場をどうしよう!という人
子供が何歳のときに手術をするのがいいんだろうかという心配
手術を間近に控えているからこその具体的な悩みなど
今回も様々な不安を抱えてくる方が多かったです。

今回の交流会には2回目、3回目 それ以上の方も何組も来てくださって
親身にアドバイスをしてくださいました。
お昼ごはんを挟んで4時間の交流時間はあっと言う間に過ぎ
最後にひとことずつ、感想を語っていただきましたが
・たくさんの話が聞けた
・ネットの情報を読むだけではわからない話も聞けた
・今回2回目だが自身の報告ができたこともうれしい
・いろんな人と話せたのが良かった
・ともに悩む人と知り合いになれてよかった
・自分たちの体験がちょっとでも役に立ててならうれしい
・おなじ「眼瞼下垂」の仲間ができて心強い
・手術後のお子さんの顔が見れたのは貴重だった。
・手術に対する不安が小さくなった
・子の成長とともに親の悩みは変わるが今日はいろいろ話せてよかった
・手術はゴールじゃなくてここからがスタートなのだと再認識した。

大阪を中心とした関西の仲間のつながりが
こうやって続いているのは本当にうれしいことです。
そして、毎年交流会を手伝ってくれる人がいるのもありがたい。

ただ もっと長い目で見た場合、今後の課題は
若い世代にどうやってバトンを渡してゆくか です。

s-IMG_3301[1].jpg

最後集合写真を撮って終わりましたが
その後もお互いの連絡先を交換するなどして
みなさん名残り惜しく 会場を後にしたのでありました。

今後の予定で決まっているのは
9月18日には秋田県での交流会
そして
10月30日には広島県での交流会が控えています
各会場で楽しく温かい出会いが待っていると思うと
早くも楽しみです!
posted by 大場 美津子 at 15:09 | Comment(0) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

【開催報告】2016 東京 眼瞼下垂夏のつどい

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援する
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと大場美津子です。

「眼瞼下垂の会」の主な活動の一つが「交流会」を開くこと。
先日、8月19日金曜日に東京の会場でいつもより少し気楽に集まれる会を開きました。
(なので、「夏のつどい」と命名しました。)

いつもは休日を選んで開催しているのに今回は平日でしたし、
あまり多くの方は参加できないかなと思っていましたが
総勢10組の親子さんが集まりました。
C9E74058-2C9E-4D01-9152-1592B3FA75E3.jpg

皆さんのお手伝いとして眼瞼下垂の会からはおーば フレイク2名の理事と、ボランティアが3名参加しました。当事者が2名(うち一名は午後から参加)と明大生さんもひとり、ヒューマンライブラリーの宣伝もかねていらっしゃいました。

会場は「眼瞼下垂の会」では毎度おなじみの東京ウィメンズプラザ
和室を借りて親子が一緒の空間にいられるようにしました。

おひる前は 大場からみなさんにお話しすることが多かったかな?
どんな病院を選んだらいいのだろう
どんな治療法を選べばいいんだろう
いつ頃治療をすればいいんだろう
アイパッチを嫌がるんだけどどうしたらいい?
参加した皆さんの「今知りたい」話を しました。

おひる休憩。今回は各自で昼食を用意していただきました。ちゃんとお家からお弁当を作って持ってきてくださった方も多く・・・みんな偉いなあ。(ずぼらな母の感想)
26000EB8-8100-400C-BA8A-AE78D931E33D.jpg


再開した午後は、2か月前に手術をしたばかりの先輩ママが参加して
みんなで体験談をきく機会もできました。
そして、参加者同志が声を掛け合い 連絡先を交換して
14時過ぎに それぞれのご自宅に帰られました。

その後、当事者さんのための「第2部」のつどいとなり
夕方までを過ごしました。
(そして会場を変えてさらに交流が進みました)

わたし自身は10年以上こういった交流会を続けているわけですが
参加するかたは当然 初めてであり 2度目であり・・・

(親子で参加した方から)
自分(の子)以外に眼瞼下垂のかたを見るのは、初めてでした。
眼瞼下垂のことを話す機会は、ここ以外にない。
「みんなおんなじ」なんだなーと思った。
気持ちが軽くなった。
(入院、手術について)知りたかったことが分かった。
みんな同じように悩んでいるってことが分かった。
(当事者さんから)
これからも、こういった交流会でサポートする活動を続けたい

嬉しい感想を いくつもいただくことができて
私たちもほんとうにうれしい限りです。

今後は各地で交流会を開催します。
8月28日には 大阪で
9月18日には 秋田で
そして、広島でも10月の後半に交流会が予定されています。
うちの地域でもやってほしい!という声も 引き続きお待ちしています。


posted by 大場 美津子 at 05:51 | Comment(2) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

【秋田】眼瞼下垂の会 交流会のおしらせ

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援する
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと大場美津子です。


眼瞼下垂の会の主な活動の一つが「交流会」を開くこと。
今年は、東京、大阪という大都市圏の交流会が計画されておりますが
夏〜秋の交流会第3弾が決定しました。
東北開催は2014年に仙台市で初めて開催しました。
このとき参加したはしもとさんが
「みやぎ眼瞼下垂の会」をたち上げてくださって
東北地方の皆さんを対象にしたサロンを開催しております。
そして、当会の理事フレイクも東北地方には時々足を運んでおり
山形、秋田のお仲間との交流も続いている状況です

さて今回の交流会は
9月18日(日曜日) 秋田県で開催いたします

2016秋田交流会チラシ.pdf
(↑↑↑チラシはダウンロード&印刷大歓迎です!
お近くの児童館などに置いていただければ嬉しいです)

(3連休の中日です。秋田への観光がてら、遠方からのご参加も可能!)
交流会の会場は
秋田県生涯学習センター和室 です。

49.jpg


秋田駅から会場までのアクセス案内

わたくしは、秋田空港から直接バスでお伺いする予定です。

参加費は以下の通りです
NPO会員のかた:  無料
NPOに新規入会: 2000円(入会金・来年3月までの年会費)
非会員として参加: 3000円

交流会は10時30分〜 14時30分の予定です

<もちもの>
昼食時間を挟みますが おひるごはんについては
各自ご持参いただきますよう お願い申し上げます。

手術を経験しているかたは
差し支えない範囲で ご自身(ご家族)の治療の経過がわかるものを
ご持参いただけると 話がスムーズになると思います。
治療をした病院、受診した病院のお話しなど 聞かせていただけると
大変参考になります。

また、これから・・・のかたは(これも差し支えない範囲で)
当事者さんの生まれたころ からの写真をご持参いただくと
参考になる部分があるかもしれません。

私も、3月・4月に東京交流会で講演した
「これだけは知っておきたい、先天性眼瞼下垂の話」について
お話しさせていただきます。

お申し込みはこちら


大都市圏以外で交流会を開催する機会は限られておりますので
ぜひ たくさんの方に参加していただければと 思っております。


posted by 大場 美津子 at 21:18 | Comment(0) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

2016年 眼瞼下垂の会 大阪交流会のおしらせ

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援する
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと大場美津子です。

あっという間に今年も折り返しの時期となりました。
毎年恒例の 大阪交流会(昨年の様子はこちらで報告しています)です。
今年も大阪交流会の開催をお知らせいたします。

oosaka2016.png

2016眼瞼下垂大阪交流会チラシ.pdf


【眼瞼下垂・大阪交流会】
日時 : 2016年8月28日(日) 10時半〜14時半 
場所 : 大阪府吹田市YWCAこども館(シャロン千里
地図はこちら
 駐車スペースも 数台分ありますのでお車でいらっしゃる方はおしらせください。
対象 : 眼瞼下垂当事者・先天性眼瞼下垂の子とその家族
    もちろん、成人の当事者のかたの参加は大歓迎です!
参加費:会員の方は無料
    新規で会員になられるかたは2500円(入会金と来年三月までの会費として)
    非会員として参加する場合は3500円ご用意お願いします。
    
申込み: こちらのフォームから申し込みください

<予定している内容>
ことしもNPO会員さんが日程調整と会場の確保をしてくださいました。

参加者にはプロフィール表と名札をお渡しします。
各自「自己紹介」をしていただいたあとは
おもに、フリートークと致します。

<持ち物>
眼瞼下垂に関する資料(自分の通院先からもらった資料、昔の写真)などあればぜひご持参ください。
お昼を挟みますので 各自お弁当など昼食のご用意をお願いいたします。
各自お子様のおやつやお飲物なども ご用意ください。

お子様の好きなおもちゃなどもあるといいと思いますが
会場には、お子様の遊び道具もあります。
ほかのお子さんのおもちゃと混同しないようにご注意ください

<お願い>
今回の交流会は公共の施設をお借りして実施いたします。
ゴミは、各自お持ち帰りいただくようお願いいたします。
   
申込み: こちらのフォームから申し込みください

今回も、多くのかたが集まっていただけますよう お願い致します。

他の地域も決まり次第、またお知らせいたします。
そして、「今年はぜひウチの地方に!」というご要望も ぜひお寄せくださいませ。

「NPO法人眼瞼下垂の会」のホームページも合わせてご覧ください。
NPO法人眼瞼下垂の会では、会員を募集しています
Facebookにてfacebookページ「眼瞼下垂の会」を開いています。
mixiページ「眼瞼下垂の会」をスタートしました。
(Facebook/mixiのアカウントを持っていなくても、リンク先のページを見ることが出来ます。)2016大阪眼瞼下垂交流会チラシ.pdf
posted by 大場 美津子 at 16:51 | Comment(0) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする