『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2020年07月09日

【開催報告】2020年度の総会が終わりました

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援している
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと 大場美津子です。

7月11日には 第2回リモート飲み会(当事者交流会)があります
前回参加しなかった方も参加される予定。楽しみですね!

9月6日 大阪交流会も参加者を募集しています。

今年も早いもので半分が終わり、折り返しに来たところです。
そんな実感が少ないのは、やはり新型コロナの影響もあるかもしれません。

眼瞼下垂の会の総会は毎年6月ころに行っております。
会員の皆様との交流の場になっていましたが、
ことしばかりは通常の開催が難しいため、
初の「リモート総会」という形で開催いたしました。

6月28日現在の会員が98名のうち1/2の参加が必要ですが
総会出席者 3名
委任状を提出してくださった方が56名
総会の要件を満たしております。

昨年度の活動報告と決算報告
今年度の活動計画と予算は 承認されましたことを報告いたします。

昨年度は、いつも3月に開催している東京交流会が実施できなかったこと
地方での交流会も少なかったことで新規の会員さんの数も伸び悩んでいます。
今年度も、「今までどおり」の活動をすることが難しいでしょう。
そんな中でも 大阪交流会を計画してくれた会員さんの存在は嬉しいですし
「リモート交流会」の開催に、活路を見出したいところです。

(年会費の納入方法について)
会員の皆様には年会費の支払方法にPaypayが加わって 便利になった反面、
支払ったことを 会に連絡していただくひと手間が必要となりました。
混乱させてしまったなあ と 反省しています。

郵便振替には一通あたり152〜203円の手数料が発生します。
ここ数年は 眼瞼下垂の会がこの手数料を負担していました。(赤の振込用紙)
これを青の振込用紙にしたほうが・・・という意見もあったのですが、
結局は、赤の振込用紙を継続することといたしました。
銀行振込の口座も 今まで通り使えます。 
会員の皆様にとって、少しでも便利でありますようにと願います。

こんな時代、だからこそ。
少しでも皆様のお役にたてるような活動を目指して、今年度も頑張ります!


posted by 大場 美津子 at 04:52 | Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]