blog.ogp_tag(article_for_ogp) %>
『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2018年12月13日

有名人の「眼瞼下垂手術」に、思うこと。

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援している
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと 大場美津子です。

images.jpg

眼瞼下垂にまつわる話には非常に鋭く反応しておりますが
ここ数日話題になっているのが、和田アキ子さんの眼瞼下垂手術
(わたくし恥ずかしながら 今朝まで知らなかったのですが・・・)
本件についてはご本人もラジオやテレビでご自身から報告されていますし、メディアのニュースにもなっておりますので、今回「眼瞼下垂の会」でも話題にさせていただくことにいたしました。
なお手術前後の画像などについては当ブログでは引用しません。
(すでに、多数のネットの記事に上がっていますから・・・。)

多くの人が話題にしたのが12月12日の「FNS歌謡祭」
(瞬間最高は和田アキ子らの名共演を振り返った場面14・9%)高視聴率だったんですね。

生放送に出演した和田アキ子さんの眼の変化を見て「目、いじった?」「美容整形した⁈」「整形失敗?」
とSNSに一斉に投稿されたのですが
実際のところ、12月1日のラジオのレギュラー番組の中で
眼瞼下垂の手術をしたということを公表していました。
翌日の12月2日の「アッコにおまかせ!」に生出演していてテレビでも公表しています。

ご本人の説明によれば 
眼瞼下垂の診断をされたのは2年前。
ただこの時は顔が変わることにためらいを感じ、手術に踏み切ることはなかったようです。
しかしその後も症状が進み 目を開くことを意識して仕事などをしていると「頭痛が止まらなく」なり、手術に踏み切ることにしたようです。

手術は11月中旬。(スポーツイベントがあって「アッコにおまかせ」の放送が1週間お休みになるタイミングだったとか)
現在は手術から一か月弱経っている というところでしょう。
ご本人も番組の中で「まだ腫れは残っている。2か月くらいは腫れが続く」と説明しました。

その状況下でも番組に出演し、しっかり病名や手術をしたことを公表したのですが
SNSの反応は 事前に本人が公表しているのにも関わらず 辛辣なものも多いなー、と。
(それが有名人の宿命、なのかもしれませんけれど・・・)

一般の人たちにとって
眼瞼下垂の手術を躊躇するのは、まさに この
「第三者からの無責任な批判、揶揄の声」なんだよなぁ
と、今回も感じてしまう、わたしです。

その一方で眼瞼下垂の手術後だとわかっている人たちからは、擁護する声も多数あり。
この事実には、ちょっとホッとしています。

眼瞼下垂という症状があるということ
手術をすることでしか改善できないということ
手術をしたあとはしばらくはまぶたが腫れて、目立ってしまうこと

眼瞼下垂は決して珍しい病気ではなく 
ある意味加齢による生理的な変化だけど、近年若い人にも増えている
生活の不便を伴うものだから、手術には保険が適用されること

そして、
実は「生まれつきの眼瞼下垂」というものもあるのだということ。


和田アキ子さんの公表で、ちょっと注目が集まっている今だから
みんなに知ってほしい 広まってほしいことが、いっぱいあります。

知ってもらうためにも 
眼瞼下垂の会は これからもますます頑張らなくっちゃいけないなあ 
と、改めて思うのでありました。

posted by 大場 美津子 at 23:11 | Comment(0) | 管理人のことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]