blog.ogp_tag(article_for_ogp) %>
『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2016年08月31日

【実施報告】2016 眼瞼下垂の会 大阪交流会

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援する
「NPO法人眼瞼下垂の会」代表の おーばこと大場美津子です。

かねてからお知らせしていた 大阪交流会は、先日無事終了いたしました

昨年はちょっと参加者が少なかったのですが
今年は、大阪だけでなく関西各県からそして岡山からも
総勢20組の親子さんが参加してくださいました。

今回も、半分は「今回が初めて!」というかたでした。
治療の場をどうしよう!という人
子供が何歳のときに手術をするのがいいんだろうかという心配
手術を間近に控えているからこその具体的な悩みなど
今回も様々な不安を抱えてくる方が多かったです。

今回の交流会には2回目、3回目 それ以上の方も何組も来てくださって
親身にアドバイスをしてくださいました。
お昼ごはんを挟んで4時間の交流時間はあっと言う間に過ぎ
最後にひとことずつ、感想を語っていただきましたが
・たくさんの話が聞けた
・ネットの情報を読むだけではわからない話も聞けた
・今回2回目だが自身の報告ができたこともうれしい
・いろんな人と話せたのが良かった
・ともに悩む人と知り合いになれてよかった
・自分たちの体験がちょっとでも役に立ててならうれしい
・おなじ「眼瞼下垂」の仲間ができて心強い
・手術後のお子さんの顔が見れたのは貴重だった。
・手術に対する不安が小さくなった
・子の成長とともに親の悩みは変わるが今日はいろいろ話せてよかった
・手術はゴールじゃなくてここからがスタートなのだと再認識した。

大阪を中心とした関西の仲間のつながりが
こうやって続いているのは本当にうれしいことです。
そして、毎年交流会を手伝ってくれる人がいるのもありがたい。

ただ もっと長い目で見た場合、今後の課題は
若い世代にどうやってバトンを渡してゆくか です。

s-IMG_3301[1].jpg

最後集合写真を撮って終わりましたが
その後もお互いの連絡先を交換するなどして
みなさん名残り惜しく 会場を後にしたのでありました。

今後の予定で決まっているのは
9月18日には秋田県での交流会
そして
10月30日には広島県での交流会が控えています
各会場で楽しく温かい出会いが待っていると思うと
早くも楽しみです!
posted by 大場 美津子 at 15:09 | Comment(0) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]