blog.ogp_tag(article_for_ogp) %>
『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2014年11月09日

【終了しました】眼瞼下垂の会 術後のママの交流会

まぶたの病気、眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援する
NPO法人「眼瞼下垂の会」代表のおーば こと大場美津子です。

今回は、東京開催の交流会のお知らせをします。
「先天性眼瞼下垂のお子さんの手術を経験したご家族」を対象にした会です。
「術後のママ」と題してはいますが、パパさんのご参加も大歓迎です!

日時:2014年11月24日(月・振替休日)10時〜15時
(午前のみの参加、午後のみの参加も可能です!)

会場:
午前からランチまで 東武博物館 http://www.tobu.co.jp/museum/guide/access.html

images.jpg

ランチから解散まで かえるのトンネル http://kaerunotonneru.com/

1468655_436652649793616_264336343_n.jpg

今回の交流会の担当は、当事者理事のフレイクさんです。
Facebook、mixiに特設のページをつくり、あれやこれやとアイディアを出しては
会員ママの反応を見て、プランを立ててくれました。

時間:
 午前の部 10:00〜13:00 2F休憩スペースにて持込飲食可能 (ランチは持ち込み)
 午後の部 13:00〜15:00 ランチ後移動してカード作り教室(もちもの:お絵描きセット)

<午前の部>
当日10時に、東武博物館の入り口前に集合して一緒に入場致します。
遅れて入場してもケータイなどで連絡をとって 対応できますし
会場はそれほど広くもないのですぐに 落ち合えるはずです。

東武博物館は、改札を出て雨でも濡れずにすぐ入り口です
館内SL実物やジオラマ解説ショーなど30分おきにプログラム満載で、
2F休憩スペースからママたちがベランダのしたを見下ろすような感覚で子どもたちが一望できます。
ママ会らしくおしゃべりに花を咲かせて頂き、ランチも同じテーブルで済ませることが出来ます。
トイレもキレイで、乳児対応など完璧でした。

ランチは各自持参でお願いします。
館内にお食事処はないのですが付近にスーパー・コンビニもありますので
入館前やお昼の時間に買いに出ることも可能です。(再入館もOK)

<午後の部>
13時少し前になったら、かえるのトンネルさんに移動します。
かえるのトンネルは、カエルグッズを扱う絵本作家の先生の喫茶店で、
クリスマスカード作りも4コマ漫画風に仕上がる工夫が凝らされています。
お絵描きセットを持参して頂きますが、
先生いわく100円ショップの画材よりも学校で使う色鉛筆やクレヨンやクーピーの方が良いとのこと、
持ち方や使い方についても見て下さるそうです。
こちらでのワークショップも、今回は無料でお楽しみいただけます。


申込: お申込みフォームからお願いいたします。

参加費:NPO会員は無料、
    NPO非会員で新規入会の場合は1500円、(入会金+来年3月までの会費)
         入会をせずに参加する場合は4000円)

別費用:博物館入館料(おとな200円こども100円)
    各自持ち込みランチ代、
    かえるのトンネル 喫茶メニューの代金

お知らせがギリギリになってしまい 大変恐縮ですm(_ _)m
が、とても楽しい時間が過ごせることは間違いありません!
都内にお住まいのかたはもちろん、関東各県からのアクセスも良いので
ぜひ、お気軽な気持ちでご参加いただきたいと思います

そして、今回は対象とならなかったみなさま、申し訳ありません
来年3月8日(日曜日)に講師の先生を招いたセミナー&講習会を
東京開催で予定しておりますので、
今しばらくお待ちいただきたいと思います。

「NPO法人眼瞼下垂の会」のホームページも合わせてご覧ください。
NPO法人眼瞼下垂の会では、会員を募集しています
Facebookにてfacebookページ「眼瞼下垂の会」を開いています。
mixiページ「眼瞼下垂の会」をスタートしました。
(Facebook/mixiのアカウントを持っていなくても、リンク先のページを見ることが出来ます。)
posted by 大場 美津子 at 20:51 | Comment(0) | 交流会(オフ会)の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]