『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2014年03月27日

手術から7か月 経過の診察

まぶたの病気眼瞼下垂(がんけんかすい)の患者と家族を支援している
NPO法人「眼瞼下垂の会」代表のおーば こと大場美津子です。

今回は、昨年8月に修正手術をした二男の経過について書きます。
実は、10月にも受診していましたが掲載をしそびれていました。
その際は、傷跡がまだほんのりと赤い状態でしたが、現在はすっかり消褪しています。

今回は、久しぶりに視力測定。左右ともに矯正の視力は出ますが
二男は下垂している側の視力が健眼と比べてかなり悪い(不同視)ので
今後乱視をしっかり矯正して視力を出したい場合は、メガネでは難しい。コンタクトレンズが必要になってくるでしょう・・・と言ったことを説明されました。

二男の母親である私もまた強度の乱視をもっていて、メガネの矯正では十分な視力が出ませんので、納得いたしました。当の本人は、今のところの不具合はないとのことで、ひとまず様子見。

さて、まぶたの開き塩梅はというと、非常に良好。
下を向いた時の下眼瞼後退はあり、この写真を見た本人はちょっとショック受けていましたが 夜間の術眼の開眼も1ミリ程度で角膜にも問題なく。

この先どれくらい背が伸びるかわからないけど(ちなみに現在160センチ、ついに母の背を越えました)
身長の伸びが止まった時点で、もし本人からの要望があれば、再手術を検討しましょうということになりました。

今回にて、2013年8月の術後の検診は終了いたしました。N先生、たいへんお世話になりました。
(いただいた資料は 今後活用させていただきます)
今後も年に一度の定期の通院は継続ですが、大学側の都合により二男の主治医は再びK先生に戻ることなりました。


おまけ
帝○大の新校舎が完成したようで、工事用のフェンスが取り払われていました。道幅もひろくなりそうですし、校舎前は遊歩道になっていて、なんだかとっても素敵な空間になっていました。写真撮ってくれば良かった〜

posted by 大場 美津子 at 16:00 | Comment(0) | 大場家・次男君の経過 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]