blog.ogp_tag(article_for_ogp) %>
『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2013年09月12日

アイパッチについてのまとめ

まぶたの病気、眼瞼下垂の患者と家族を支援している、おーばです。

今日のお話は、片目を隠す道具=アイパッチです。
imgres01.jpg

眼瞼下垂とアイパッチにはどんな関係が?

眼瞼下垂のことをまったく知らない人にとっては
下がったまぶたを隠す道具と思われるかもしれませんが、違います。

先天性眼瞼下垂は、放置しておくと弱視になる危険性があると言います。
主に片眼性の眼瞼下垂の時に出てくる問題ですが、
健眼(下垂していない方)でばかり見る癖がつくと、下垂している方の眼がものを見ることをサボってしまい、成長後に矯正しようとしても視力が出ないことがあるのです。

実際に視力の左右差がはっきりした場合 医師の指示によって
見えない方の眼を一時的に隠して 下垂している(見えにくい)方の眼を積極的に使うことで視る力を育てます。その訓練に アイパッチが活躍するのです。
訓練と言ってもあくまでも視力の訓練なので、アイパッチによってまぶたは開きません。
アイパッチをすることによって 隠した方の視力に影響が出る場合もあります。

ガーゼ眼帯との違い
images.jpg

ガーゼを何枚か重ねてゴムで留める眼帯との違いは 完全に目隠しするかどうか にあります。眼帯の場合はガーゼの隙間から光が入りますので、訓練には適しません。
「貼れる眼帯」として店頭で販売されているものは形状的にはアイパッチとの違いが分かりにくいのですが、やはり弱視のための訓練に適していないものもありますので、ご注意ください。

アイパッチの種類

訓練に適しているのは、絆創膏タイプのアイパッチです。
国内外のいくつかのメーカーで作られています
片眼を完全に遮蔽する大きさが必要で 成長に合わせて数種類あります。

そして、メガネを使っている人がアイパッチをする場合は、着脱式で布製の者も
レンズを覆い、光をシャットアウトする布製のアイパッチがあります。
市販品もありますが 手作りもできますし、使い捨てにならず、
顔にテープを貼るわずらわしさもないので 愛用者も多いようです。

アイパッチはどこで購入できますか?

国内の有力メーカー「カワモト産業」さんにお伺いしたところ、
『メーカーの直販はしておりません』とのこと。
また、それほど需要の多い商品ではないので、一般の薬局の店頭には置いていないことも多いそうです。
一部大手の薬局チェーンにおいては、品番を伝えるなどして、取り寄せることは可能です。
一番確実なのは インターネット通販で購入することだそうです。
たとえば こんな店こんなお店で購入可能です。

たのしくアイパッチを続けるために

小さいお子さんにとっては、顔に何か貼られるだけでも不快です。
まして、「見えやすい方の眼」を隠されてしまったら、それは本当に苦痛なことだと思います。
お子さんが小さければ 訓練の意味もなかなか理解できず 
おやこともども 指示されたアイパッチの数時間がひたすら苦痛な時間になってしまうということも珍しくはありません。

私が見たり聞いたりした「アイパッチの時間の過ごし方」ですが
・「アイパッチのときだけ、ゲームOK」にする。
・絵本を見せたり、お気に入りのおもちゃで遊んでとにかく気を紛らわせる。
・アイパッチにキャラクターの絵を描いて、それを見せてから貼る。
・途中でアイパッチをはずしても怒らない。でもすぐに新しいパッチを着ける。
・終了後は、とにかくわが子の頑張りをほめまくる。

それでも どうにも慣れてくれないお子さんはいるものです。
その場合、外来受診の時に担当医に、効果的にできないという現況を報告してください
そうじゃないと、医師は自分の出した指示を守っていると思います。
「1時間やって視力が上がらないなら 2時間にのばそう・・・」
ということなってしまい、ますます苦痛の時間が延びてしまいます。

一般的に 子供の視機能は6〜8歳でのびなくなると言われます。
裏を返せば、8歳くらいまでは 視力が改善するチャンスはあります。
仮に1〜2歳の段階でアイパッチ訓練がうまくいかなかったとしても
そこで終了ではありませんので 決して悲観したりしないでくださいね。

過去に弱視やアイパッチについて書いた記事も合わせてご覧ください
  ↓   ↓
よしもとばななさんと、アイパッチの思い出
【紹介】 コミック「弱視」ってなあに?
こどもの「弱視」について(動画つき)
ものを見る“ちから”を養う 訓練(アイパッチとめがねについて)

今日もお読みいただきありがとうございます。


「NPO法人眼瞼下垂の会」のホームページも合わせてご覧ください。NPO法人眼瞼下垂の会では会員を募集しています。
Facebookにてfacebookページ「眼瞼下垂の会」を開いています。
mixiページ「眼瞼下垂の会」をスタートしました。
(Facebook/mixiのアカウントを持っていなくても、リンク先のページを見ることが出来ます。)


posted by 大場 美津子 at 11:17 | Comment(0) | 視力の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]