『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2013年02月28日

産科プロジェクト・その後(報告書編)

まぶたの病気、眼瞼下垂の患者と家族を支援している、おーばです。

以前、わが眼瞼下垂の会が取り組んだ事業の
その後について、お知らせいたします。

2011年度 ザ・ボディショップのニッポン基金をいただき、2012年の春に
先天性眼瞼下垂のあかちゃんが最初に出会う医療施設である産科のスタッフに
眼瞼下垂のことを、もっと知ってもらおうという取組をしました。

IMG.jpg
産科パンフ.pdf
このパンフレットを全国550の産科施設に配布しまして、同時にこの取組に対する意識調査を行ったところ、
53施設からの回答があり、それをまとめたのが 以下の報告書です。

産科プロジェクト報告書(完成版).pdfPDF.jpg

私たちの作った冊子が現場で役立つ場面は、決して多くはないのかもしれませんが
医療従事者以上に、ご家族 とりわけお母さんは
この先のことに対する不安がとても大きい時期でもあるので
「母親が心配する気持ち」に寄り添うケアであることと
「正しい知識をもって、対応する」ことを 願わずにはいられません。

そして、この冊子は医療者向けですが
やっぱり一番冊子を必要としているのは、当事者や家族なのですから
しっかり考えなくてはいけませんね・・・

今日もお読みいただきありがとうございます。



「NPO法人眼瞼下垂の会」のホームページも合わせてご覧ください。NPO法人眼瞼下垂の会では会員を募集しています。
Facebookにてfacebookページ「眼瞼下垂の会」を開いています。
mixiページ「眼瞼下垂の会」をスタートしました。
(Facebook/mixiのアカウントを持っていなくても、リンク先のページを見ることが出来ます。)
posted by 大場 美津子 at 22:36 | Comment(0) | NPO法人としての活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]