『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2011年09月08日

ボディーイメージ 〜わたしのほんとうの顔を捜す〜

おーばです。

シリーズ企画「眼瞼下垂のおーばが語る『整形』のおはなし」
4回目の今日は
ボディーイメージ 〜わたしのほんとうの顔を捜す〜 
という、ちょっぴり謎めいたお話です。

まず、ボディーイメージという言葉について説明をしなければなりません。
ボディーイメージPDQレジスタードマークがん用語辞書において、

人が自身の身体およびそれが他人にどう映るかについての考え方。と説明されます。
・・・かなり、わかりにくいですね。

もう少しわかりやすく説明すると、
仮にある女性が
私って、太っているなあ〜 きっと周りからデブだとおもわれているんだろうなぁ〜
と思っているとしましょう。
それが その人自身の「ボディーイメージ」です。

その人が 見た目にどんなに痩せていても、本人がそう思いこんでしまったら
その人には 自分のカラダがとても太く感じられてしまいます。
(極度になってしまうと、拒食症という診断名がついたりします。)
このとき 彼女には「自分が太っている」 まだまだ痩せなくては!というボディーイメージが
しっかり根付いてしまっているのです・・・。 
そして、自分のボディーイメージは 容易に修正できるものではありません・・・。

それは極端な話だろうと お思いのかたも多いでしょうが
私がこれまでにお会いした人の中にも
眼瞼下垂の手術が無事すんで 他人の目からはとても良い状態にあると思うのに
自分の感覚として
「でも 私の顔はとても醜いのです、辛くて外を歩けないほどです」
という風に 感じてしまう人が 少なからず いらっしゃいます。

ひとつには、
手術の影響で、ちょっと皮膚が突っ張ったような感覚があったり
目の開けにくさ閉じにくさを 多少伴ったり。
そういう不具合がとても強く感じられると
ときに 見た目に関する自覚的な感覚にも違和感を与えてしまうのかもしれません。

ほかに理由があるとすれば
前回も書いたのですが、「こんなはずじゃなかった!」という気持ちがあるのかもしれません。
つまり 手術をしたらきっとこんな感じになるだろうと思っていたら
「思い描いていた顔」とのギャップが大きかった という場合です。
確かに これは たいへんショックな出来事です
でも、あなたの理想が極度に高かったり 許容範囲が狭すぎるせいだとしたら
・・・あなたは 悩まなくってもいいことで 悩んでいるのかもしれない
自分で自分を がんじがらめにしてしまっているのかも知れないのです。


他人にはごく普通に見えてしまうので 
ボディーイメージのズレに悩んでいる人の その悩みを共感することは大変に困難です。
ただし
私なりには(時間はかかるけれど)解決の糸口はあると思っていて
そのことは 今後少しずつ書いてゆきます。

次回は、ポリサージャリーについて書いてみます。

目次に戻る

眼瞼下垂の会(NPO法人・申請中)はプレ会員を募集しています。

facebookページ「眼瞼下垂の会」
mixiページ「眼瞼下垂の会(NPO法人申請中)」をスタートしました。
(ご利用なさっているかたは フォローしていただけると うれしいです)




posted by 大場 美津子 at 00:00 | Comment(0) | 管理人のことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]