『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年06月04日

眼瞼下垂の手術の回数

おーばです。

眼瞼下垂にまつわるいろいろなお話を書いています。
今日は「眼瞼下垂の手術の回数」についてお話します。

先天性であるか、後天性であるか
こどもであるか、おとなであるか。
眼瞼下垂の程度
手術の方式
執刀医の力量(経験)
手術後のケアの良否

思いつくままに挙げただけでも、一度の手術にも実に多くの要因が絡み合います。

手術の回数については どうでしょう?
「成長に合わせて3〜5回の手術」という医師
「手術は一度だけです」という医師
あなたはどちらの言葉に ゆさぶられますか?

説明しだいだと思うのですが
3〜5回という説明をする場合も、まぶたを開大させるメインの手術は1度だけでその後に行うのはまぶたの形を整える手術であることが多いですし
1度の手術ですと説明を受けていても
思ったほどのまぶたの開大が得られない場合には「修正手術」をする場合だってめずらしくはありません。

ただ、これから手術をする病院を選ぶときには
「1度の手術です」と説明されると、そちらに気持ちが傾きますね。
そういう病院に人気が集まっている現状も あるということです。

ほかの人とは比べにくいし 
お試しで やるわけにもいかない。
病院を選ぶのは 本当に難しいですね。


posted by 大場 美津子 at 03:44 | Comment(2) | 手術のときに気になること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
先天性眼瞼下垂というワードで検索して、お邪魔させて頂いています。
こんな広場があったのですね…。
私も眼瞼下垂を煩っており、子供の頃から数回に渡る手術をしてきました。
私以外、同じ症状の人に出会わなかったので、知らなかったのですが、1回で終わる事もあるんですね…。
実は、眼瞼下垂自体はほぼ治療が終わっているのですが(移植部位の劣化による再下垂はあるようですが…)、何度も同じところを切開縫合繰り返した為に、ひどい傷跡になってしまっています。
カバーメイクで有名な先生にも相談したことがあるのですが、変色はともかく、凸凹はどうにもならないとのことでした。
治療して下さった先生がたには感謝はしているのですが、子供の時はいじめに遭い、大人になってからは就業困難に陥ってる状態です。
病院を選ぶ際には傷跡の有無や程度も知るべきだと思いました…。
Posted by かなこ at 2010年06月10日 14:27
かなこさんへ
書き込み、ありがとうございます。
こどものころからいままで
眼瞼下垂には悩まされ続けていらっしゃったのですね。

機会があれば 同じ悩みを持つ人同士の集まりにいらっしゃいませんか?

私にメールをいただけましたら、さらに詳しくご紹介できます。
Posted by おーば at 2010年06月11日 03:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]