blog.ogp_tag(article_for_ogp) %>
『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年04月04日

眼瞼下垂に伴って起こること・その2

おはようございます。

眼瞼下垂にまつわるいろいろなことを、お話しています。
今日は、昨日に引き続き
眼瞼下垂に伴って起こること・その2としまして
「頭痛、肩こり」の話をします。



瞼の筋肉がうまく働かないことによって
顔面のほかの筋肉が働き始めます
このときに 自分では意識していなくても
カラダは がんばっている状態である(これは昨日も書きました)
そのために
眼瞼下垂が 頭痛、肩こり、などの原因になっている場合も
あると言われています。

特に、この病気の手術で有名になった大学病院の教授せんせいが
「眼瞼下垂の手術をすれば頭痛も肩こりも消える」と
いう持論を展開した本を一般向けに出しましたし
何度かTVにもでて話をされていますから
この認識も広まりつつあります。

ただし、
あまり「眼瞼下垂」=「頭痛、肩こり」の図式は強調しないほうがいい
というのが私の考えです。

医師から「症状はなくなりますよ!」と言われれば、期待しますが
手術をすれば、必ず 頭痛も肩こりも消えるかというと
当たり前の話ではありますが
仮に、眼瞼下垂以外に頭痛の原因があったとすれば 
手術をしても 症状は残るでしょう。


眼瞼下垂の手術は、あくまでも瞼を開きやすくするものですので、
「眼瞼下垂の手術したのに 肩こりが治らないではないか」
とは おっしゃらないでいただきたいし
医療者側も あまり頭痛・肩こりのことは強調しないほうがいいように
私は思っています。
posted by 大場 美津子 at 00:00 | Comment(0) | 眼瞼下垂ってなんだろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]