『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年04月03日

眼瞼下垂に伴って起こること・その1

おはようございます。

眼瞼下垂にまつわるいろいろなことを書いています。

今日は「眼瞼下垂に伴って起こること・その1」です。


眼瞼下垂の最大の特徴は、先天性にしろ、後天性にしろ
「まぶたが十分に開けられない」ことです。

人間のカラダというのは本当にスゴイと思うのですが
瞼を上げる筋肉(眼瞼挙筋)が働かなくても
その働きを補完するように
顔面にある様々な「表情筋」ががんばってくれています。
特に、眉を動かす筋肉はよく使われます。

ただし、こういった働きはやはり本来のまぶたを動かす働きではないので
額にしわが寄ることになります。
人によっては、かなり深く額にしわが刻まれますので、
「見た目・的」にやはり問題を感じる・・・といったことになります。

がんばってものを見るということは
本来は使わなくて良い力を使っているということです。
体調の悪いときには 瞼の上がりが悪いということも、当然あると思います。


posted by 大場 美津子 at 00:00 | Comment(0) | 眼瞼下垂ってなんだろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]