『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年03月24日

情報が多すぎるという問題

おはようございます。

眼瞼下垂に関するいろいろなことを 
毎日、少しずつ書いております。

今日は記事カテゴリ「先天性眼瞼下垂・最初の一歩」に寄せて
『情報が多すぎるという問題』について 
書くことに致します。

私がこの病気の情報を探し始めたのは
約10年前も前の話になります。
その頃、眼瞼下垂で検索して出てくる情報は現在の100分の1も
なかったかもしれません。

でも 「情報の少なさ」に救われた部分もあるかもしれません。

というのは 
ひとつの情報を得たとしても
それを 自分で理解するには、時間がかかるものだからです
あるいは、いくら文字で読んでも理解できなくて
だれかに噛み砕いて説明してもらわなければならないことだって
たくさんあります。

情報が100あって その100倍の時間を使えるかというと
大抵 それほどの余裕がない人がほとんどです
むしろその情報の「量」や「難解さ」に圧倒されて
戦意を喪失してしまう 無力感に襲われるひとも 多いように思います

といいつつ 当サイトでも
本当にたくさんの情報を、流してしまっているので
この病気のことを調べ始めた人には
酷なことをしているのかもしれません・・・・

この文をお読みになった、最初の一歩のあなたには

どうぞ時間をかけて ゆっくり お進みください

と申し上げます。そして

つまづいたときには ぜひ つまづいたところで 質問をしてください
ゆっくり理解を深めてから、次のステップに進みましょう

と お声をかけてまいります。

このサイトは いつでも あなたの味方です
いつでも 便利に使ってくださいね。






posted by 大場 美津子 at 09:04 | Comment(2) | かしこい患者になるために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世には情報が多すぎること。まったく同感です。
ご自身に適した内容/量の情報かどうかの判断をするのも大変ですよね。
このブログはカテゴリも分かりやすく、初めてご覧の方にも分かりやすい構成になっていて、主宰者さまの優しさが伝わってきます。
Posted by ホームページコンサルタント永友一朗 at 2010年03月24日 09:13
ありがとうございます。
このブログが「分りやすい」仕上がりになっているとしたら、それは、お師匠さまのおかげです(^^)

わたしも当事者(家族)のひとりですので、これからも、お一人おひとりとともに あゆんでゆきたいです。
Posted by おーば at 2010年03月24日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]