『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年02月28日

「クチコミ」情報から探す

眼瞼下垂の病院の情報を探す方法について
いくつか紹介をしてきたのですが

 圧倒的に多数の方が 実践しているのは

・ひとつの話題に特化した掲示板(2ちゃんねるの眼瞼下垂の板)の情報
・情報サイトに併設された掲示板(私が管理しているものも含め)の情報
・双方向で質問できるサイト(おしえて!goo OKWave はてな Yahoo!知恵袋など)
・SNS(ソーシャルネットワークコミュニティ)のコミュニテイ(グループ)内で話題になる情報
・個人のホームページ、ブログ、日記、つぶやき・・・

そういったものを 疾患学習や病院選びの参考にしている ということです。

つまりは みんなが「クチコミ」による
病院を利用する立場、患者の側から発信情報
を得ているのです。

これは インターネット技術が普及するようになって
急速に発展するようになってきたことです。
そしてケータイをほとんどの人が使うようになったことで
更に多くの人が こういった情報を得ることが出来るようになりました。

こうして 便利になった反面 

私たちに求められることも 実は増えてきました。
「たくさんの情報の中から 自分たちの求めているものを見つける
という「力」が 必要になってきたのです。


ネットの情報は玉石混交 と良くいわれます。
いいものもあれば 使い物にならないものもある という意味です。

こと 病気の情報や病院の情報では
どの情報があなたにとっての「玉」になるかは 
それぞれがおかれた立場と状況で大きく変わります。

惑わされずに
自分のちからで 情報を読み解く力が
これから ますます 求められていきます。

posted by 大場 美津子 at 09:00 | Comment(0) | 病院のえらび方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]