『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年02月26日

「病院検索サービス」で眼瞼下垂を探す

一般的に。
「全国病院リスト」「〇〇の名医100人」といった本やサイトは、かなりの数のものが出回っています。

眼瞼下垂にも そういうものがあればいいなあって 思うのですが
患者数の多い病気(がんや心臓病など)とは違い

眼瞼下垂についての病院リストは これまでに
見かけることはなかったのですが・・・

ほんの数ヶ月前。
大手新聞社である「読売新聞」が運営する医療情報サイト「yomiDr.」
において 眼瞼下垂の病院が検索できることになりました

検索結果までは無料ですし、画期的なサービスだと思い、早速試しました。
エリアを選択せずに眼瞼下垂の病名で検索したところ、2224施設が検索結果として 出てきました。

ところが、私が知っているような有名な病院は一件もない
あ、それは言いすぎですね
大学病院や 有名な病院もあるのですが、
一番有名なはずの病院が入っていません。
ウチがお世話になった病院も入っていません。


・・・非常に不思議に思いました。

そこでサービス内容をもう一度良く読んでみたら 
理由がわかりました。

yomiDr.というサイトは、病院から広告としての情報を求めています。
検索で出てくるのは 広告の結果の反映だということです。

つまり、
一般の検索のようにエンジンで上位から順にヒットするから信頼できるのではなく
病院が広告費用を出しているところへヒットするのです。

眼瞼下垂だけでなく他の病気にも同様に言えることですが
私たち患者は
ひとつひとつの検索システムのクセを 良く見極めたうえで
これを かしこく利用することが大切になってくるのです。

もっとも、
yomiDr.を利用するメリットは、もちろんありますよ。

ここでリストにあがった病院は それぞれに
「眼瞼下垂には自信がある」ということで広告を出すのですから
わたしは それを否定しているわけではございません。

yomiDr.に掲載されている眼瞼下垂の病院の中には
私が知らないだけで、大変に実績を積んだ病院があるでしょうし
これからどんどん伸びてゆくであろう若手の医師もいるでしょう。

眼瞼下垂の患者にとって多くの医師が治療に当たってくださることは
本当に喜ばしいことと思います。




posted by 大場 美津子 at 09:10 | Comment(2) | 病院のえらび方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
webではありませんが、わたしも読売新聞出版の「病院の実力」(かな?)読みました!なぜか実家にあって。形成外科特集されてましたが、眼瞼下垂の手術件数等におなじみの病院名が見当たらず…
旦那に話すと、「マスメディアはスポンサーの意向が強く反映されるからじゃない?」
その通りです。。。
情報過多の時代に、自分に合う情報を見つけるのも、相当の労力を費やしますね(汗

それから、、このサイトにも時々不思議な訪問者があったりしますね(苦笑
Posted by はに at 2010年04月04日 00:17
はにさん
コメントありがとうございます。

読売新聞の「病院の実力」は
書籍として販売されてもいたのですね。
おそらくWEBと中身はほぼ一緒だと思います。

<追伸>
時々来る良からぬ訪問者(spam)は見つけ次第削除しています。今後ともよろしくお願い致します。
Posted by おーば at 2010年04月04日 04:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]