blog.ogp_tag(article_for_ogp) %>
『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年02月14日

ミッションは何だ?

がんけんかすいの広場 管理人のおーばです。

今回のお話は
「ミッションは何だ?」ということで。


看護師をしていた私が 3年前にすっぱり仕事を辞めた
その一番の理由は、
「眼瞼下垂の会でNPO法人を作るんだ」という
今にして思えば 随分と無鉄砲なものでした。

意欲だけは誰にも負けていませんでした。
でも 方法論とか 方向性とか
一切考えることなく 始めてしまったので
そりゃあもう 迷走しました 迷走しまくりました。

迷走の果てに得た結論
「今の眼瞼下垂の活動に NPO法人の手法はマッチしない」

ありゃりゃ。

こんな無鉄砲が許されたのは 
専業主婦として生活できる環境が あったから。
失敗しようとも 「ただのおかあさん」でいられたわけです。

起業する人や 独立する人は みんなもっと
緻密な計画のもとに 
そして、相当の覚悟をもって、乗り出してゆくのでしょう。
その計画も覚悟もなかったのですから ヒドイものです。

もっとも 
迷走しながらも この数年で得たものも あります。
たくさんのセミナーやシンポジウムや勉強会に足を運ぶうち
社会的起業をしている人、それを支援する仕組みがわかってきて 
先達の存在も知り、
人と人とのつながりも ちょっとずつできて来るにつれて

自分の目指すものが ちょっとずつ 明確になりました。

患者中心の医療をつくるために 私にできる何かをしたい」
「そのためには 学びたい 知識を得たい」

これまた大それた 野望です。
でも その野望の第一歩として、大学院で学んでます。
まあ
しょっちゅう 何のために学んでいるのかを忘れそうになりますが…。

やりたいことが どんどん増えて
一番大切にしていたはずの「眼瞼下垂」が 
すっと おろそかになっていました。

今回
サイトのお引越しを進める中で
「私のミッションは、眼瞼下垂のひとに明るい未来を用意すること」
という思いが 明確になってまいりました。

ミッション。
NPOを作る!って息巻いていたときに、繰り返し自分に問うていた。
あの頃は 組織を作ることが目的になっていたけれど
必要なのは 組織ではなく
「自分の想いを形にするのだ!」という 強い意志だった。

やっとそれに気がついた。

迷走してたけれど やっぱり ここ数年間にやってきたことは
自分にとって 無駄なことじゃなかった。

で、実はやっとスタートラインについたんだなーって

そう、感じております。
ゴールは果てしない先にありますが
ちょっと先の目標に向けて 一歩ずつの前進中です。
posted by 大場 美津子 at 15:46 | Comment(0) | 管理人のことば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]