『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年02月13日

先天性眼瞼下垂 遺伝のこと


投稿者名:さち  タイトル:悩んでいます・・・ 投稿時間:2005/01/14(Fri) 01:07(1552)
はじめまして、私は30歳、独身の女性です。
私は眼瞼下垂で、25歳の時に手術を受けました。
小さい頃は目が小さい事でいじめられた事もあります。
こんな私にも、結婚したいと思う男性に巡り合い、私も結婚
したいと思っています。でも、先天性眼瞼下垂は、遺伝の可能性
が高いと聞いています。現に私の父も眼瞼下垂です。
結婚し、私に子供が生まれた場合、遺伝する可能性はかなり
高いのでしょうか?子供は生むべきではないのでしょうか?

[1553]投稿者名:OMA 投稿時間:2005/01/14(Fri) 08:12
さちさんへ
 先天性の眼瞼下垂のなかで、遺伝があると考えられているのは、先天性眼瞼縮小症候群とミオパチーです。単純先天下垂については、私はこの10数年診療していて、親子例はみたことがありません。ただし、先天性眼瞼縮小症候群とミオパチーにしても弧発例(その両親やその子供に問題ない)は多いです。さちさんの下垂がどのようなものかはわかりませんが、滅多にないものであると思って結構です。
 次に、遺伝があったら、子供は産むべきでないか、という問題(非常にデリケートですが)、私はそんなことはないと思います(第一、あなたのお父さんに大変失礼です)。何かが悪い、なんてことは人間つきものです。パーフェクトな人間なんていません。私は顔が悪いですし、私の家内は頭と性格が悪いです。で、子供たちは、顔と頭と性格がよくありません。そうすると、OMA家は断絶しなきゃいけないか、という話になりますが、なりませんよね。
 子供のときのいやな思い出、が貴女の書き込みの原点だったと思うのですが、そのリスクを最小限にするために、治療は存在します。
ご心配なく、幸せなご家庭をお作り下さい。お子さんは、神の御心のままですよ。
posted by 大場 美津子 at 06:08 | Comment(0) | 眼瞼下垂ってなんだろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]