『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年02月13日

[614] 手術治療のタイミング

投稿者:とも 投稿日:2003/12/27(Sat) 11:22

こんにちは、ともです。
左先天性眼瞼下垂ですが、最近、右の大きな、大きな目が、小さく感じていましたが、先日、形成の先生に、右も少し下垂といわれました。
4歳頃に、急に下垂するのは、何故でしょうか?
大きな眼が、いつも、涙目で、逆さまつ毛が、1本あり、抜き。
その後も、涙目は少しある程度でした。
気になる、異変はその程度でした。
なのに、なんで、小さくなったのかしら?
これも、先天性でしょうか?
あとは、とても、よだれを垂らしますが、どこの医者も
『気にする事が、無いと』、断言します。
4歳8ヶ月で、よだれを垂らすのは、異常では、無い
とは、言え。幼稚園の周りにも、見たことが、ありません。
瞼、同様、どこか筋肉が弱いのか、不安です。
何処か、他にも脳とか異常が、あるのかしら?
もしかして、次には、瞼以外の筋肉が、
弱くなるのかしら??
 不安を抱えての年をこすのは、つらいです。

------------------------------------------------------------------------
[614] 手術治療のタイミング投稿者:OMA 投稿日:2003/12/27(Sat) 17:41

ともさん
こんにちは。OMAです。
進行性に筋力が低下する病気、ミオパチーなどは、そうあるものではありません。
瞼をお母さんが指で持ち上げて、おもちゃを動かすなどして、お子さんの眼球の動きを確認してください。眼球がよく動いているならば心配ありません。
脳についての不安を完全にぬぐい去るには、小児科受診が必要になりますが、いままでの検診で問題がないのであれば、心配なく。

さて、今までのおおきな眼が小さく感じたとのことです。先天下垂で左右の程度に差があることは珍しくないため、元々両眼性で、眉毛挙上で代償していたのかもしれません。
それが、代償をしなくなってきたため、右眼も瞼裂幅が小さくなったのかもしれません。
右眼の瞼裂幅が小さくなった時、左眼の瞼裂幅はどうでしたか?
もし、同時に小さくなったのであれば、代償をやめてしまった、すなわち、眉毛挙上をしてものを見ようとする努力を、体があきらめてしまった、と考えられます。

手術治療のタイミングとしては、この場合、視力がどうなっているかが問題になります。左眼の視力が年齢相応(4歳なら0.7程度)に発育していますか?これより低い場合や斜視の発生がある場合は、もうそろそろ考慮すべきです。
何故ならば、代償してくれなくなった場合、眼瞼の視覚遮断が強まるからです。

でも・・・
眼瞼下垂の診療は長丁場です。
手術すればハイ終わりではなく、視機能の発育、眼の乾燥、その他、お子さんが大人になるまで気長に見て行くべき状態です(少なくとも私はそう思っています)。
お母さんが焦ると、お子さんの精神状態にもよくありません。
がんばらず、あせらず、のんびりと、お願いしますね。

良いお年をお迎え下さい。
posted by 大場 美津子 at 05:30 | Comment(0) | 眼瞼下垂ってなんだろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]