blog.ogp_tag(article_for_ogp) %>
『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年02月10日

専門書

書籍の情報

眼瞼下垂について詳しく書かれている本について 御紹介します。

いずれも眼科の医師が読む事を対象に書いてある本です。
内容は難解だと思いますし 手術の生々しい写真などが多数掲載されており 心臓の弱い人にはお勧めしません。

専門書ゆえに お値段も 高いです。

購入については、一般書店にはほとんど置いていませんので お取り寄せになるとおもいます。
Amazon.comなどのオンラインショップで購入できます
出版元の文光堂のホームページから購入する方法もあります。

眼瞼下垂
 久保田 伸枝 (著)
 価格: ¥13,500(税別)


 書籍データ

  *−: 158 p ; サイズ(cm): 210 x 148
  *出版社: 文光堂 ; ISBN:
眼瞼下垂

眼瞼下垂

  • 作者: 久保田 伸枝
  • 出版社/メーカー: 文光堂
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 単行本



; (2001/04)


目次

診断(眼瞼下垂の種類
他の異常を合併する眼瞼下垂
眼瞼下垂との鑑別
先天眼瞼下垂の診断
老人性眼瞼下垂の診断)
治療(眼瞼下垂の治療方針・手術時期
眼瞼下垂の術式の選択
眼瞼挙筋前転術
眼瞼下垂手術の合併症
眼瞼下垂手術のインフォームドコンセント)

(おーば解説)

帝京大眼科で`03年3月まで活躍されていた 久保田先生の著書です。
このたびおそまきながら この本を手に入れました。専門的な知識がない人でも 理解しやすく書かれている本だと思いました。 
写真を使った説明も多いからだと 思います。久保田先生のコラムを読むと 眼瞼下垂の患者さんに向けるやさしさ あたたかさがかんじられます。

 月刊眼科診療プラクティス 99
眼の形成外科(絶版)(特集編集根本裕次)
 価格:¥7,000(税別)

書籍データ
* 単行本: 174 p ; サイズ(cm):
* 出版社: 文光堂 ; ISBN: 4830655550 ; 99 巻 (2003/10)

眼の形成外科 月刊眼科診療プラクティス (99)

眼の形成外科 月刊眼科診療プラクティス (99)

  • 作者: 根本 裕次
  • 出版社/メーカー: 文光堂
  • 発売日: 2003/10
  • メディア: 単行本




(おーば解説)

雑誌です。編集は帝京大講師の根本先生ですが 帝京大内の術式にとどまる事なく 全国のいろいろな 有名な病院の先生が執筆しております。
信州大 松尾教授の術式が 写真を使い 非常にわかりやすく 書かれている事には おどろきました。

眼瞼下垂以外のことも書かれていますが、この本はかなり お勧めできます。

ちなみに この本の冒頭には このサイトのことが ちょっとだけ 書かれているのですよ 

posted by 大場 美津子 at 20:21 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]