『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年02月04日

心理のお勉強を少々・・・

おーばです。

インターネットを通じて、
病に苦しむかたがたのお手伝いをするという活動を やっています。

プロフィール欄には
「認定心理士」と書いてあります。

心理学のお勉強をしたことのある という方ならば
「なーんだ」と おもわれることでしょう。

臨床心理の分野においては クルマの原付免許のようなものです。
「大学で、心理学を一通りは学んだ」という証明です。
この資格一本で 勝負できるものではありません。

でも
わたくしにとっては 
この資格は、非常に意味のあるものです。

時をさかのぼること7年前。
「がんけんかすいの広場」というwebサイトを立ち上げた頃、
とてもこまった問題に直面しました。
掲示板の書き込みや、わたくし宛のメールに
とても切実な、わたしにはどうしようもできないような
深い、悩みがたびたび寄せられるようになったのです。

この方たちの支えになるような一言がいえない
なんとかしたい。

それで、通信大学に入って臨床心理を学ぶことにいたしました。

始めてみると、認定心理士だけでは歯が立たず
大学院に進んで「臨床心理士」にならなければ
臨床では役に立たないということがわかりました。
臨床心理コースへの進学も一時は真剣に考えていました。

が 結局、
心理学の世界で生きることを思いとどまり、
患者さんやご家族のサポートを中心にやっていこう!と 決断。
「原点に戻った」ということです。

それでも、
臨床心理やカウンセリングを学んだことは
決して無駄や 遠回りでは無いと思っています。
ネットの場でも 実際にお会いするときにも
実践に役立っていると 考えています。
それでも
時には 来ていただいたかたの満足のゆくサポートができずに終わってしまうこともあり、力不足を感じるときもあります。



このページに辿りついた人に、
「〜広場に出会えてよかった」と 思っていただけるように・・・
そんなサポートを これからもつづけてゆきます。

posted by 大場 美津子 at 04:13 | Comment(0) | 管理人の活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]