blog.ogp_tag(article_for_ogp) %>
『NPO法人 眼瞼下垂の会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

2010年01月30日

わたしの体験記

>今回は、
わたし「おーば」が体験をした
先天性眼瞼下垂の子を産んで育てて
一緒に生きた
その過程を 紹介します。

先天性眼瞼下垂 もとくんのこと
(上の文字をクリックすると外部リンクにつながります)

元の原稿は
当時自分が作っていたホームぺージに
自分の子のことを書いていた日記です。
記録のほとんどは、2003年までに書いたものです。

読み返してみると

不安だったり、
自分を責めてみたり
絶望してみたり
途方に暮れたり
ほんとうに心細かった自分に出会いました 

それと共に 
傲慢で 浅はかで 思慮に欠ける
未熟な未熟な 自分にも出会いました。

読み進めてゆくと 
仲間と出会い 知識も身につけ
どんどん強くなって 元気になってゆく自分に出会いました。

日記の内容は非常に荒削りで お恥ずかしい限りですが
なまなましい表現 みずみずしい感覚という ことでお許しいただき、
当時のまま このまま出すことにしました。

ちっぽけで 傲慢な存在だった私が 
曲がりなりにも みなさんと一緒にいられるのは
支えてくれた人のおかげ だと 感じています。
みなさまにも 読んでいただけたらうれしいです。
posted by 大場 美津子 at 06:00 | Comment(0) | 体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]